データ移行を、もっと快適に。

クラウドを利用する際に問題になるのは、データ移行の手段とその後の運用。 データ移行だけでも「外部に依託したいがコストが高い」「移行元と移行先のデータに整合性は取れているの?」など様々な課題があります。
本来クラウドが持つ機能を活用する前の入り口で、困っている企業がたくさん存在します。そのような悩みを解決してくれるのが「Data Migration Box」。オンプレミスからクラウド、クラウドからクラウドへのデータ移行を簡単にするツールです。

製品概要

「Data Migration Box」は各クラウドサービスのAPIを使用した、アップロードファイル数無制限、 ファイルサイズチェックに対応したデータ移行ツールです。 オンプレミスや様々なクラウドから、他社のクラウドへのデータ移行や差分同期を、直観的かつシンプルな操作で行うことができます。

かんたんで
フレキシブルなデータ移行

エクスプローラのような2つの画面(ローカルとクラウド)を操作する事でローカル、クラウド間のファイルコピーや転送ができます。
タブの切り替えだけでクラウドの登録など様々な設定が可能です。

多様な運用シーンに対応した
データ同期

クラウドの運用が始まると定期的にローカルとデータ同期を行うシーンが増えます。 同期パターンは企業の運用によって様々ですが、多様な運用シーンにも対応します。 「双方向」「ミラー」「更新」など各種パターンをご用意。

コマンドライン

エンジニア向けにコマンドラインを用意しています。定期的な移行/同期と不定期な移行/同期を組み合わせた複雑なスクリプトを作成できます。また、作成したスクリプトを利用し、Windowsのタスクスケジューラーと連携した移行/同期が実行できます。

帯域制御と
帯域幅スケジューラ機能

大量データをアップロードする時は時間ごとの使用帯域制御も可能です。スケジューラ機能を使って、業務時間中の使用帯域を絞り、効率的にデータを移行します。

並列処理や
フィルターでの時間短縮

同期不要なファイルはフィルターをかけます。並列処理や複数アカウントを利用した同時アップロード。さらに大きなファイルを確実に送るチャンクドアップロード、ダウンロードなどの時間短縮するための機能を網羅しています。

ログ出力・レポート機能

任意の場所にログファイルを出力。作業終了後にレポートも出力されるので安心です。

対応するクラウドサービス

各サービス毎のAPIを使用

ラインナップ・価格

Data Migration Box
Basic
1年版
60,000円(税抜)
無料一般サポート付き
有償技術サポート
1ライセンスにつき
15,000円/年間
Data Migration Box
Standard
1年版
196,000円(税抜)
無料一般サポート付き
有償技術サポート
1ライセンスにつき
49,000円/年間

無料一般サポート:電話、メールによるインストールまでのサポート、アップデータ保証
有料技術サポート:ログ解析・データ移行・バッチ処理の相談など

法人お問い合わせ

動作環境

OS: Windows 10 (x64)/Windows Server 2016、2019 OSを推奨 (260文字を超えるパス対応)
Windows 8.1 (x64)/Windows Server 2012 R2
(260文字を超えるパスは、非サポート)
CPU: Core i5 ,i7 (Skylake以降)
メモリ: 8GB 以上を推奨
インターネット接続環境: 有線を推奨
必須環境: Internet Explorer 11 最新版 11.165.x.x以降
Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降 (4.7.x以降の最新版を推奨)
※ .NET Framework 3.5 は「無効化」する必要があります。

NEWS TOPICS

2019.07.23
Box World Tour Tokyo 2019開催
  • ・記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。なお本文中では、TM、®マークは明記しておりません。
  • ・本製品をライセンスされた内容以外の目的で使用することは、法律により固く禁止されています。
  • ・画面はすべて開発中のものです。
  • ・製品の仕様、価格など予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
ページ先頭へ