導入事例

オンプレミスの切り替え時も安心


~オンプレミス からクラウドへの移行~

「Terastation」で運用していたオンプレミス(ファイルサーバー)を某クラウドへ移行した事例です。
オンプレミスを更新するタイミングでしたが、クラウドを利用する事で将来のさらなるデータ増にも対応する事が目的でした。

  • 容量:3TB (600万ファイル) 
  • 移行作業:3クラウドアカウント同時使用
  • 移行期間:3日
Before
  • オンプレミスの切り替えとなるため某クラウド切替時に最新データになっている事が必要でした。
  • ファイル数が多いのでクラウドへのアップロードに時間が掛かる懸念がありました。
After
  • 複数アカウント利用機能などでアップロード時間を短縮しました。
  • 同期機能で作業中に更新されたファイルだけを上書き保存し、移行を完了しました。

大容量のデータ移行もスケジューラで効率的に


~某Aクラウドから某Bクラウドへの移行~

某Aクラウドから某Bクラウドへのクラウド乗り換えで「Data Migration Box」を利用した事例です。
複数クラウドに同時接続できる機能が活きました。

  • 容量:10TB
  • 移行作業:DMB 2ライセンス同時使用
  • 移行期間:2週間(夜間のみ)
Before
  • 通常業務への影響を考慮し移行作業は夜間と休日に実施していました。
After
  • 夜間に行った作業は立ち会わなくても「レポート」を確認する事で確実に移行作業が進められました。
  • 休日はタスクスケジュール機能を活用し移行を進める事ができたので、移行担当者の負荷も軽減出来ました。

拠点ごとに点在するデータをクラウドへ移行


~「帯域制御」でデータ移行も効率的に~

某建築会社で拠点ごとに保管していたデータの移行事例です。

拠点ごとにオンプレミスで管理していた設計図面のデータを他の拠点からも参照できるように、拠点のデータをクラウドに移行することが目的です。

Before
  • 拠点ごとにバラバラでデータを管理していたため、他の拠点から依頼があってもデータの受け渡しに非常に時間がかかっていました。
After
  • 「 Data Migration Box」を各拠点に導入。それぞれのIT管理者にデータ移行を行っていただきました。
  • 容量が100TBあり、移行に半年以上かかりましたが、「帯域制御」を活用し、深夜から早朝にかけてフルスピードでデータ移行を行い、業務への支障はほとんどありませんでした。
  • 現在は日々の「データ同期」でも「Data Migration Box」を使用し、クラウドとのデータ連携を行っています。

オンプレミスからの大量データ移行作業を加速


~共有基盤としてBox活用を促進~

大手アニメ制作会社は、手がけている人気アニメや映像作品の制作工程における、情報共有の仕組みとしてBoxを採用しています。
さらに、「Data Migration Box」との連携を活用することで、頭を悩ませていたオンプレミスからBoxへの移行作業を円滑化しました。

Before
  • FTPツールを使った移行を実施。変更されるファイルの移行に手間取る日々でした。
  • ファイルサーバーからの大量データ移行業務が発生。運用負荷が高まっていました。
After
  • 「Data Migration Box」では差分管理ができるため、現在業務で使用しているファイルも移行がスムーズになりました。
  • 共同作業の都合上、他社が使用している他のクラウドで共有された資料も、簡単にBoxへデータ転送が可能になりました。
  • 毎年開催している大規模イベントに関連する情報もBoxで一括管理。動画などの大容量ファイルも保管でき、遡っての確認がスピーディです。
無料評価版はこちらから
法人お問い合わせ
ページ先頭へ