ジャングル

プレスリリース
新製品のご案内

統合型画像管理・編集ソフト
大量の画像を高速表示、レイヤーに対応した編集機能を搭載

『ACDSee Photo Studio 2018』シリーズ

~2018年 6月 14日(木)発売~

2018年 6月7日

株式会社ジャングル

株式会社 ジャングル(本社:東京都千代田区、代表取締役 高田晃子 以下、ジャングル)は、カナダのACD Systems社が開発した、統合型画像管理・編集ソフト『ACDSee Photo Studio』シリーズを2018年6月14日(木)より、全国の量販店及びECサイトで販売開始いたします。また、ダウンロード版については直販ストアである「ジャングルストア」にて取り扱いを開始いたします。


ACDSee Photo Studio Ultimate 2018

ACDSee Photo Studio Professinal 2018

ACDSee Photo Studio Standard 2018

『ACDSee Photo Studio』シリーズ 製品概要

「ACDSee Photo Studio」は、大量の写真を高速に表示・検索・管理・編集がおこなえる統合型の画像管理・編集ソフトです。フォルダのサムネイル表示をはじめ、効率的な画像管理がおこなえる「コレクション分類」、写真のメタタグと連動した「カテゴリ分類」などの機能を搭載し高速表示、写真管理が充実しています。 編集機能では調整レイヤーによる非破壊編集に対応し、画質を劣化させることなくパワフルな編集作業が行えます。簡易編集までおこなえる『ACDSee Photo Studio Standard 2018』、RAW現像が可能な『ACDSee Photo Studio Professinal 2018』、レイヤーによる非破壊編集が可能な『ACDSee Photo Studio Ultimate 2018』の3ラインナップを用意しています。


コレクション分類表示

『ACDSee Photo Studio』シリーズ 主な特長

『ACDSee Photo Studio Ultimate 2018』

『ACDSee Photo Studio Ultimate 2018』は大量の画像も高速表示かつ軽快に検索・閲覧でき、多彩な編集機能により写真を思い通りに加工できます。RAWデータの現像や非破壊編集に加え、レイヤー編集やAdobe Photoshopプラグインのサポートなど、レタッチツールとしても納得の機能を搭載。画像管理・現像・編集・表示・検索の全てに対応したシリーズ最上位版。


レイヤーによる非破壊編集

『ACDSee Photo Studio Professinal 2018』

『ACDSee Photo Studio Professinal 2018』は高速なプレビュー表示とパワフルなファイル管理機能を搭載し、大量に保存された画像の中から目的の画像にアクセスすることができます。また、バッチ処理による大幅な作業の効率化を図ることも可能です。編集機能では豊富なフィルタによる特殊効果や画像補正・調整機能に加え、200以上に及ぶ多彩な編集機能を搭載。RAWデータの現像も可能です。


豊富なフィルターによる特殊効果

『ACDSee Photo Studio Standard 2018』

『ACDSee Photo Studio Standard 2018』は高速なプレビュー表示とパワフルなファイル管理機能を搭載した画像管理・編集ソフトです。多彩な管理、検索機能により、大量にストックされたデジタル画像から目的の写真をすぐに見つけることができます。また、トリミングや色調補正などのベーシックな画像補正・調整に加え、50以上の画像効果をワンクリックで反映させる特殊効果フィルタも搭載しています。


鳥瞰図

主な強化機能

現像・編集モード

【Ultimate】

  • 調整レイヤーによる非破壊編集
  • ワンクリックで高周波レイヤーと低周波レイヤーに周波数分離編集

【Ultimate/Professional】

  • 画像の特定のオブジェクトを削除するスマート削除機能を搭載【NEW】
  • 画像のオブジェクトを太く・細くなど変形させるリフォーム機能を搭載(64bit版のみ)【NEW】
  • 編集作業のステップを記録して一括処理
  • スキントーンで肌質補正
  • Adobe PhotoShopのプラグインに対応

【Ultimate/Professional/Standard】

  • 明るさを自動調整するライトEQ搭載
  • 豊富な特殊フィルタを収録

管理モード

【Ultimate/Professional/Standard】

  • メタデータ、日付、キーワード、検索場所などによる高速検索
  • 指定したキーワードで特定グループを表示できるコレクション分類
  • Lightroomデータベースのインポートに対応
  • OneDriveでの管理・表示

写真表示モード

【Ultimate/Professional】

  • RAWファイルの表示

【Ultimate/Professional/Standard】

  • 日付順にカタログ化された画像を表示できる鳥瞰図
  • 複数のフィルタを同時プレビュー
  • 右クリックで素早く表示する「PicaView」
  • 画像・オーディオ・ビデオなど100種類以上のフォーマットをサポート
  • 撮影場所の地図表示

ACD Systems社について

ACD Systems 社は、画像編集/画像加工/画像管理ソフトの「ACDSee」シリーズと、高度なクロスプラットフォームを採用するテクニカルイラストレーション・グラフィックプログラム「Canvas」の開発において、世界の市場をリードする国際企業です。同社は、イメージング技術に先見を持つ Doug・Vanderkerkhove 氏によりテキサス州で 1993 年に設立されました。Doug氏は、80 年代のアナログとデジタル(印刷、画像、写真、スキャン、ビデオ、メタデータ)の融合の重要性を予見し、普及前の Web アプリケーションにおいてそれらの使用方法を変革しました。
ACD Systems 社は、アメリカとカナダにオフィスを構え、世界中のチャンネルパートナーと提携しています。ACDSee シリーズと Canvas は、数億人のホームユーザーおよび、中小企業、政府機関、教育機関により世界中で使用されています。

機能比較表

機能比較 ACDSee Photo Studio Ultimate 2018 ACDSee Photo Studio Professinal 2018 ACDSee Photo Studio Standard 2018
写真管理
画像編集
レイヤー編集
RAWデータ編集
Photoshopプラグイン対応

商品データ・価格表

発売日:2018年 6月 14日(木)

【BOXパッケージ商品】

製品名 標準価格(税抜) JAN 商品番号
ACDSee Photo Studio Ultimate 2018 13,980円 4540442046328 JP004632
ACDSee Photo Studio Professinal 2018 8,980円 4540442046311 JP004631
ACDSee Photo Studio Standard 2018 5,980円 4540442046304 JP004630

【ダウンロード商品】

製品名 標準価格(税抜) JAN 商品番号
ACDSee Photo Studio Ultimate 2018 13,980円 4540442046359 JD004635
ACDSee Photo Studio Professinal 2018 8,980円 4540442046342 JD004634
ACDSee Photo Studio Standard 2018 5,980円 4540442046335 JD004633
製品紹介ページURL

主な動作環境

『ACDSee Photo Studio Ultimate 2018』動作環境

ライセンス 1ライセンス1PC
OS Windows 10/8.1/7 SP1以降(64bitのみ対応)
※日本語OS環境のみサポート
※インストールおよびアクティベーションには管理者権限が必要
CPU Intel Pentium 4またはAMD Athlon 64プロセッサ(2GHzまたはそれ以上)
メモリ 2GB以上(6GB以上を推奨)、512MB Video RAM(VRAM)
ハードディスク 2GB以上の空き容量
ディスプレイ 1024×768以上の解像度(1920×1080を推奨)
ディスク装置 各種入力ディスクの読み込み/書き込みに対応したBlu-ray/DVD/CDドライブ
その他 インターネット接続環境、DirectX 10以上および対応したグラフィックスアダプタ、Windows Media Player 9.0以上
※「ACDSee 365」は動作保証対象外です

『ACDSee Photo Studio Professinal 2018』 動作環境

ライセンス 1ライセンス1PC
OS Windows 10/8.1/7 SP1以降(32bit/64bit)
※日本語OS環境のみサポート
※インストールおよびアクティベーションには管理者権限が必要
CPU Intel Pentium 4またはAMD Athlon 64プロセッサ(2GHzまたはそれ以上)
メモリ 2GB以上(6GB以上を推奨)、512 MB Video RAM (VRAM)
ハードディスク 2GB以上の空き容量
ディスプレイ 1024×768以上の解像度(1920×1080を推奨)
ディスク装置 各種入力ディスクの読み込み/書き込みに対応したBlu-ray/DVD/CDドライブ
その他 インターネット接続環境、DirectX 10以上および対応したグラフィックスアダプタ、 Windows Media Player 9.0以上
※「ACDSee 365」は動作保証対象外です

『ACDSee Photo Studio Standard 2018』 動作環境

ライセンス 1ライセンス1PC
OS Windows 10/8.1/7 SP1以降(32bit/64bit)
※日本語OS環境のみサポート
※インストールおよびアクティベーションには管理者権限が必要
CPU Intel Pentium 4またはAMD Athlon 64プロセッサ(2GHzまたはそれ以上)
メモリ 2GB以上(6GB以上を推奨)
ハードディスク 2GB以上の空き容量
ディスプレイ 1024×768以上の解像度(1920×1080を推奨)
ディスク装置 各種入力ディスクの読み込み/書き込みに対応したDVD/CDドライブ
その他 インターネット接続環境、DirectX 9.0c以上、Windows Media Player 9.0以上
※「ACDSee 365」は動作保証対象外です

入出力対応フォーマット

入力対応
フォーマット
■画像
ABR / ACDC / AFPHOTO / ANI / ARW / BMP / CNV / CR2 / cRAW / CRW / CUR / CVX / DCR / DCX / DNG / EMF / ERF / GIF / HDR / ICN / ICO / JBR / JP2 / JPC / JPG / MRW / NEF / ORF / PBR / PCX / PEF / PCT / PNG / PSD / RAF / RAW / RWL / sRAW / SRW / TGA / TIFF / WBMP / WEBP / WMF
■圧縮ファイル
ARJ / CAB / GZ / RAR / TAR / TGZ / ZIP
■ビデオ/オーディオ
ACC / ADTS / ASF / AVI / M4A / M4V / MOV / MP3 / MP4 / WAV / WMA / WMV
出力対応
フォーマット
ACDC / BMP / GIF / JP2 / JPEG / PCX / PNG / PSD / WBMP / WEBP / TGA / TIFF / ZIP(圧縮ファイル)

お問い合わせ先

製品に関するお問い合せ先
株式会社ジャングル
本リリースに関してのお問い合せ先
株式会社ジャングル 広報宛

※Microsoft、Windows、Windows 10、Windows 8.1、Windows 7、は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ACDSee ロゴマークは、商標または登録商標です。
※Adobe、Adobeロゴ、PhotoshopならびにLightroomはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびにその他の国における登録商標または商標です。
※記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。なお本文中では、 TM 、®マークは明記しておりません。
※本品をライセンスされた内容以外の目的で使用することは、法律により固く禁止されています。
※画面はすべて開発中のものです。
※製品の仕様、パッケージ、価格などは予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

  • 会社情報
  • プレスルーム
    アーカイブ

お問い合わせ先 製品に関するお問い合わせ先:株式会社ジャングル TEL:0570-077-001(ナビダイアル)ご購入前のお問い合わせ 報道関係のお問い合わせ先:株式会社ジャングル 広報部 報道関係のお問い合わせ 記事掲載用画像データのお申し込みはこちら

※記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

※製品の仕様などは予告なく変更する場合があります。