ジャングル

プレスリリース
新製品のご案内

ビジネスに強く、テレワーク、クラウド環境にも対応したインストール型パソコン用地図ソフト

『スーパーマップル・デジタル22』

~2021年 7月 2日(金)発売~

2021年 6月8日

株式会社 ジャングル

株式会社 ジャングル(本社:東京都千代田区、代表取締役 高田晃子 以下、ジャングル)は、株式会社 マップル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 黒田茂夫)開発のパソコン用地図ソフト「スーパーマップル・デジタル」シリーズの最新版『スーパーマップル・デジタル22』を 2021年 7月 2日(金)より全国の家電量販店および EC サイトで一斉に販売開始いたします。


全国版

東日本版

西日本版

『スーパーマップル・デジタル22』製品概要

『スーパーマップル・デジタル』は豊富な情報と多彩な機能を備えたインストール型パソコン用地図ソフトです。地図を見る、場所を検索する、ルートを引くといった基本操作はもちろん、たとえば地図上に情報を書き込んだり、プランを細かく編集・保存もできる、大変便利なソフトです。加えてモバイルに転送しスマートフォンやタブレットでも快適に作成した地図やプランを見ることができます。
計画にも移動中にも思い出の管理にも、これ1本で旅・おでかけ・ビジネスまでまるごとサポート致します。

『スーパーマップル・デジタル22』4つの特長

1. 行政区域によるハイライト表示が可能に

例: 大阪府のハイライト表示

指定した行政区域(都道府県/市区町村/大字単位)をハイライト表示できるようになりました。 お手持ちの顧客データや商圏データを強調した行政区域に重ねることで、ビジネス判断が行いやすく情報を際立たせることができます。もちろん、画像切り出しや印刷にも対応しています。

2. オープンデータの取り込みを強化、新たなファイル形式に対応

経路などの「線」や領域などの「面」のデータを表現したファイル形式「GeoJson※1」の入出力に対応しました。この「GeoJson」や、従来からサポートしている「KML」の形式は、政府や自治体などが保有するさまざまな情報をあらゆる人が自由に活用できるように公開した「オープンデータ」で広く利用されています。
このオープンデータを地図上に取り込み、表示、編集することで、あなたがお持ちのデータにプラスαの付加価値を付けることができます。また、その情報はカスタム情報として保存することもでき、「GeoJson」や「KML」形式で書き出し、他の電子地図へ展開することもできます。
※1 地理空間情報(GISデータ)を表現する形式の一つで、点や線、多角形といった図形を表現できます。

オープンデータ事例: 傾斜地区域 (室蘭市)

3. サーバ1台へのインストールで複数端末利用可能に。テレワーク、クラウド環境にも対応

容量の大きい地図や検索データは共有データとして持ち、複数の端末からデータを参照することができるようになりました。
データはサーバとして運用する1台にインストールすれば良いため、インストールや環境構築に要する時間が短くなると共に、容量の大きい地図データを全ての端末に入れる必要がなくなります。

システム構成イメージ

4. 観光エリアの代表画像を新たに追加

ガイドブックでおなじみのマップルが長年のノウハウを基に独自に全国1800以上のエリアを定義、整備している「観光エリア検索」機能に、そのエリアを代表する写真も表示されるようになりました。
これにより、今まで以上にそのエリアのイメージを直感的に理解できるようになりました。

観光エリア代表画像表示

スーパーマップル・デジタル22の活用事例

不動産業、スーパー、商店など地域密着型の事業にも活躍

・スーパーマップル・デジタルは、地図がわかりやすくて高精度!
情報を視覚的にとらえることができる圧倒的な地図表現力で、ビジネスを協力にサポートします。今回の新機能である行政区域ハイライト表示とお客様のお持ちの商圏情報などを重ねることで見栄えが格段によくなり、ビジネスに新しい視点を生み出します。

行政区域ハイライト表示例

物流、流通、引っ越しなどに活躍

・業務にも使える高精度なルートプランニング機能!
カーナビゲーションでも使われている精度の高いルートデータを使った充実のルートシミュレーションができます。
また、出発地・経由地・目的地を250個まで設定できるため、配送コースの計画にもご利用できます。

地図データへの経年情報反映について

地図・検索用データは、 2020年10月25日(POI情報の一部は2021年2月5日)までに判明し、2021年4月1日までに実施の経年情報に基づき作成しています。
「車」のルート検索データについて、高速道路は、2020年9月時点で判明した2021年4月1日時点の情報(料金は2020年12月31日までに判明した情報)を反映、一般道路・フェリー航路は、2020年9月までに判明した重要情報を反映しています。
例えば、三陸自動車道 田老真崎海岸IC~宮古中央IC (2020年7月)・北近畿豊岡自動車道但馬空港IC~日高神鍋高原IC(2020年11月)などの新規開通道路も、新規開業した東京メトロ日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅(2020年6月)、移転開業した国立工芸館(2020年10月)などの有名施設もしっかり収録しています。

商品データ・価格表

発売日:2021年 7月2日(金)

【BOXパッケージ商品】

製品名 標準価格(税込) JAN 商品番号
スーパーマップル・デジタル22全国版 17,050円 4573507215544 JS995544
スーパーマップル・デジタル22東日本版 10,450円 4573507215551 JS995551
スーパーマップル・デジタル22西日本版 10,450円 4573507215568 JS995568

※各商品の収録エリア詳細は 製品紹介ページ にてご確認ください。

製品紹介ページURL

主な動作環境

対応OS 日本語Microsoft Windows10 / 8 / 8.1 ※デスクトップモードのみ
※Internet Explorer 11以降(32bit版)必須
※Windows7で動作可能ですが、保証対象外となります。
CPU 各OSが推奨するCPU
メインメモリ 各OSが推奨するメモリ容量
ハードディスク 13GB以上の空き容量(全国版すべてインストールすると約16GB)
モニター 800×600HighColor16ビット以上(1024×768TrueColor24ビット以上を推奨)
DVD-ROMドライブ 片面二層式対応必須
GPS NMEA-0183出力/Sensor Location APIに対応
スーパーマップル・
デジタル for Android/iOS
AndroidOS 6.0〜11.0(日本語版)、iOS 9.0~14.5(日本語版)
その他 ※一部の機能は、インターネット接続が必要です。
※A2・B3以上の大判印刷、PostScriptプリンタへの印刷・ファイル出力には対応していません。
※パソコン接続ケーブルは同梱されておりません。別途ご用意ください。
※一部機種において、地図表示の縦横比が乱れる場合があります。

お問い合わせ先

製品に関するお問い合せ先
株式会社ジャングル
本リリースに関してのお問い合せ先
株式会社ジャングル 広報宛

※スーパーマップル・デジタル、Super Mapple・Digital、MappleG‐SDKは 株式会社 昭文社ホールディングス の登録商標です。
※iOS、App Storeは、Apple Inc.商標または登録商標です。
※Microsoft、Windowsは、米Microsoft Co. の米国及びその他の国における登録商標です。
※Android、Google Earth、Google Play は米国 Google Inc. の商標または登録商標です。
※その他、記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。なお本文中では、TM、R マークは明記しておりません。
※本製品は 株式会社 マップル のオリジナル商品であり、Apple Inc. Google Inc. のライセンス商品ではありません。
※本製品の販売元および開発元は、製品使用および使用から発生した一切の紛争・損失・損害に対して責任を負わないものとします。
※本品をライセンスされた内容以外の目的で使用することは、法律により固く禁止されています。
※製品の仕様などは予告なく変更する場合があります。

  • 会社情報
  • プレスルーム
    アーカイブ

※記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

※製品の仕様などは予告なく変更する場合があります。