PAGE TOPへ

DVDFabでできること ディスクコピー

さまざまなコピーモードを搭載

業界初のブルーレイとDVDに両対応し、独自開発の高速化技術でディスクコピーにかかる時間の大幅な短縮を実現しました。DVDFabならかんたん操作画面で複雑な作業なしに、様々なディスクコピーが行うことができます。

無劣化コピー

映像・音声を劣化させることなくコピーします。

クローンコピー
ディスクを忠実に再現するコピー方法。
※オリジナルディスクを丸ごとディスクにコピー
1枚のディスクを2枚のディスクに分割コピー
2層ディスクが書き込めないドライブを使用している時に。
※分割片面2層ディスクを片面1層ディスク2枚にコピー
DVD→ブルーレイコピー
ブルーレイプレイヤーでの再生用に。
※元のコンテンツを劣化させずブルーレイにコピー

圧縮コピー

映像・音声を圧縮(劣化)してコピーします。

片面2層ディスク→片面1層ディスクへコピー
映像・音声は劣化しますが、安価な片面1層ディスクにコピーできます。
※片面2層のディスクを容量の小さい片面1層に圧縮コピー
ブルーレイ→DVDコピー
ブルーレイの画質劣化を最小限に抑え、安価なDVDにコピー。
統合(マージ)
画質にこだわらず、1枚のディスクに複数のコンテンツをまとめたい時に。
※2枚のディスクを1枚のディスクに統合してコピー

抽出

メニュー/本編/その他の動画を、抽出してコピーします。

必要なコンテンツのみ抽出
必要な部分だけ抽出し、プロセス時間を大幅に短縮。
※タイトル、チャプター単位でコンテンツを抽出してコピー
メインムービーを抽出
余分な映像や情報をコピーしないので、ディスク容量が軽減。
※メインムービーだけを抽出してコピー

その他

ISOファイル化
仮想ドライブを使用し、DVD/ブルーレイドライブを持たないパソコン上で再生できます。
※オリジナルディスクを丸ごと、ISOファイルにコピー
BDAV→BDMV
ビデオカメラなどで録画したブルーレイディスク(BDAV)を、市販ビデオタイトルと同じ形式(BDMV)にコピー。

映像ディスクのファイル構造

映像ディスク(DVD/ブルーレイ)はビデオテープなどのアナログメディアとは異なり、デジタル方式で映像データを保存するメディアです。映像ディスク内の映像データは、ファイル形式で構成されているのでパソコン上で簡単に確認できますが、コピーする場合は通常のファイルと異なり、規格で定められた構造に沿って行わなければプレイヤーで認識することができません。