【2017年版】年賀状を印刷するのにおすすめのプリンターまとめ
  1. HOME
  2. 作ってみよう!年賀状・てがみ
  3. 【2017年版】年賀状を印刷するのにおすすめのプリンターまとめ

【2017年版】年賀状を印刷するのにおすすめのプリンターまとめ

2016/11/08
作ってみよう!年賀状・てがみ

【2018年版】おすすめプリンターのまとめ記事はこちら

皆さんこんにちは。

近年のプリンターには色々な機能がついていてどれを買っていいのか迷う経験をしたことはありませんか?

特に年賀状をプリントするときには文字・写真・イラストなど様々なものをプリントしないといけません。そんな時に大活躍してくれること間違いなし!のプリンターを紹介していきます。

Canon PIXUS MG3630

014-1

こちらのプリンターは年賀状やはがきなど特別な時にしかプリンターを使わない方におすすめできるプリンターです。インクがヘッド一体型なので年賀状だけのために沢山の色のインクを買う必要はありません。またキヤノンプリンターの特徴として黒色のインクについて、写真に強い染料インクと文字に強い顔料インクを両方備えています。

画質も高く(最高解像度:4,800×1,200dpi)、価格は6,000~8,000円台(2016年11月現在)なのでお手頃なプリンターと言えると思います。

詳細ページはコチラ

Canon PIXUS iP2700

014-2

このプリンターの特徴はまず価格です。3000円台(2016年11月現在)とかなりお手頃な値段です。また、専用インクも安くコスト面で人気です。

複合プリンターではないのでスキャンなどはできません。そのため年賀状専用に買う方が多いプリンターです。

詳細ページはコチラ

EPSON Colorio PX-045A

014-3

2012年に発売された、EPSON Colorio PX-045Aです。

少し古いのでは?と思われた方もいるでしょう。ですがコストパフォーマンスがとってもよく、ハガキ印刷については最近のプリンターよりも解像度が高くパフォーマンスはむしろ高いです(最高解像度:5,760×1,440dpi)。価格も5000円台(2016年11月現在)と財布に優しいですね。

ひとつ惜しい点をあげるとしたら無線には対応していません。ですが年賀状を印刷するうえではまったく問題ないと思います。

詳細ページはコチラ

EPSON Colorio EP-708A

014-4

2016年1月に発売された、EPSON Colorio EP-708Aです。

上で紹介したEPSON Colorio PX-045Aはインクが顔料インクですが、こちらEP系は染料インクとなっています。染料インクは、光沢プリントや鮮やかな発色に強みがあります。

EPSON Colorio PX-045Aと比較しながら紹介しますと、価格は少し上がり10,000円前後(2016年11月現在)ほどします。

家族写真やペットの写真等を挿入したい方におすすめのプリンターです。

なお、EPSON Colorio EP-708Aには、後継機種として、EPSON Colorio EP-709A が2016年9月に発売されています。

詳細ページはコチラ

Brother DCP-J963N

014-5

Brotherで一番売れていると言われているプリンター。その理由はスマホ印刷がとっても簡単。

また、価格は19,000円前後(2016年11月現在)で性能もとても高くコストパフォーマンスもいいです。

複数枚の原稿をスピーディーに読み取るADF(自動原稿送り装置)を搭載しており、原稿を最大20枚まで連続読み取りが可能です。

年賀状にはあまり関係がないですが、自動両面印刷などの便利機能も搭載されています。

詳細ページはコチラ

まとめ

いかかでしたか?

せっかく人に送るものなので綺麗に印刷したいですね。

普段使っているプリンターがある方、プリンターを持っていない方も年賀状を綺麗に印刷するために新しいプリンターを買ってみてはいかがでしょうか。

「いいね!」で最新情報をお届け

Twitterでもチェック!!

たのしく・かんたん・きれい

「筆ぐるめ」で手作りのご挨拶

今すぐチェック!