意外と簡単!海外の家族や友人に年賀状を送る方法とは
  1. HOME
  2. 書き方・マナー
  3. 意外と簡単!海外の家族や友人に年賀状を送る方法とは

意外と簡単!海外の家族や友人に年賀状を送る方法とは

2016/11/25
書き方・マナー

海外の家族や友人に年賀状を送るとなると、手続きが必要だったり、難しいのではないか?と思う方も多いと思いますが、実は意外と簡単に送ることができます。

では、まずその方法からご紹介したいと思います。

意外と簡単!海外の家族や友人に年賀状を送る方法とは

年賀状を送る方法

郵便局によると、年賀はがきに差額分の18円の切手をプラスするだけで世界中どこでも送ることができます!

海外に出す場合、航空便扱いの国際郵便はがきになります。

その場合の郵便料金額が70円になるので、通常の年賀状(52円)に18円分の切手を加えることで、70円分になるということになります。

海外への宛名の正しい書き方

年賀状_海外_01

出典:郵便年賀.jp

日本の年賀状と違う部分としては、

(1)差額の18円の切手を貼る

(2)お年玉くじの番号を切り取る必要はない

(3)POST CARD、AIR MAIL と空いてる部分に記入する

この3つになります。

郵便番号の部分は無視して、このような形式で書いてください。

書くときのポイント

1.はがきは横向きに書く

日本では、はがきは一般的には縦書きになりますが、海外では横向きで手紙を書くので、必ず横向きに書いてください。

2.自分の住所氏名は上に、相手の住所氏名は下に書く

よく雑貨屋さんなどで見る横向きの手紙などと、同じ形式だと思ってください。

日本の年賀状から考えると、自分の方が後で小さくと思いがちですが、先に自分の住所や氏名を記入しましょう。

3.住所は相手の国の言語で書く

当たり前のことですが、海外まで年賀状が届きそこから配達されるので、向こうでわからない言葉(日本語など)で記入してしまうと、届くはずがないですよね。

相手の方が日本語を分かる場合、デザイン面は日本語で書いてもいいかもしれませんね。

差額の切手について

年賀状_海外_02

差額分の切手のデザインは、毎年変わるのですが、日本料理をモチーフにしたものになっています。

2017年はそばと親子丼のようです。とてもおいしそうですね。

シート余白には、左側に「そば湯」と「わさび」、右側に「さじ」と「七味」が描かれています。

海外の方からしたら、日本のものとして送られてくるので、このようなデザインは嬉しいと思います。

毎年どんなものが送られてくるか楽しみですね。

ちなみに今年度の海外グリーティング(差額用)切手の販売期間ですが、2016年11月1日から、2017年1月31日までとなっているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外と簡単に年賀状が出せることが分かったかと思います。

もし、あなたのお友達や家族が海外にいる場合、日本の文化として年賀状を送ってみるのもいいかもしれませんね。

「いいね!」で最新情報をお届け

Twitterでもチェック!!

たのしく・かんたん・きれい

「筆ぐるめ」で手作りのご挨拶

今すぐチェック!