水彩8

  • 水彩パソコン教室
  • プロモーションムービー
  • PDFカタログ

製品の特長

水彩画、はじめませんか。

『水彩8』は、まるで実際の水彩画のように、筆のタッチを活かして楽しく絵が描けるソフトです。パレットに絵の具を出して、水でのばして…といった、どなたにもおわかりいただける操作ですから、絵を描くのが好きな方はもちろん、これからパソコン絵画を始めてみようという方にも、おすすめです。

道具の置き場所「ツールボックス」

筆やペン、スプレー、スポイト、マスクなど、多くの機能をすっきり収納。

混ぜ合わせて思いどおりの色をつくる「カラーパレット」

数種類の色を混ぜながら調整する実際の水彩画感覚。つくった色は保存できます。

水の量、絵の具の量を増減。濃さや透明度を調整します。

絵の具の量を濃くすれば力強いタッチ、水の量を増やせば透明感のあるタッチに。

筆先の形、大きさが調整できます。

時間をかけて繊細に塗るか、大胆に手早く塗るか。目的に応じて選べます。


新機能搭載!使いやすさと表現力に、さらに磨きがかかりました。

「薄墨筆」を選べば手書きの風合い豊かな絵手紙が描けます。 

機能をすっきり配置「ツールボックス」 

筆やペン、スプレー、スポイト、マスクなど多くの機能をすっきり収納。グルーピング化により、操作性が向上しました。

前作と同じ操作性のクラシックモードも選べます。 

「水彩7」など旧バージョンのツールボタン配置に慣れている方向けに、「クラシックモード表示」を搭載。旧バージョンに似たUIで操作が行えます。

RGBの数値でも色が作れる「カラーパレット」 

絵の具を混ぜて作る色の他に、視覚や数値を入力し色を作成できるカラーパレットをパレットウィンドウに追加しました。描画色を数値で設定することにより、きめ細かい描画がすぐに行えます。

キャンパスサイズを自由に設定できます。 

新規キャンバスを作成する際に、キャンバスサイズを指定することができるようになりました。各種用紙サイズ、写真、ハガキ、Webサイズの設定をすることができます。


デッサンが苦手な方も安心!

写真から一瞬で描画線を出すことができます。

お気に入りの写真を選んで、ワンクリックするだけ。カンタンに輪郭線が描けます。

画像を下絵にして描くこともできます。

デジタル画像(写真)の上に半透明の紙を置き、なぞりながら絵を描く感覚です。


パソコンで描く『水彩8』がカンタンな理由

●道具はパソコンと『水彩8』だけ。他には何もいりません。

たくさんの絵の具と何本かの筆、パレット、画用紙かキャンバス。実際の絵画を始めるのは、意外と大掛かりです。でも、『水彩8』ならパソコン1台とソフトだけ。気軽に始められますし、後片付けもカンタン。絵の具で部屋や服が汚れたりすることもありません。

●何度でも、やり直しができます。

パソコンのいいところは、何度でも失敗できるところ。思いついたことを試してみて、うまくいかなかったら、気軽に消して、塗り直せばいいんです。

●デッサンが苦手な人も、大丈夫。

お気に入りの写真(デジタル画像)があったら、そこから輪郭線を自動で抽出したり、あるいはカーボン紙風の下絵にしたりできます。そんなデジタルのワザを活用すれば、どなたでもカンタンに水彩画が描けます。


他にもできる、こんなこと。

水彩画以外も描けます。


「見せる」もカンタン。

描き上げた作品をもとに、オリジナルの絵はがきや絵手紙、便箋、カレンダーがカンタンにつくれます。こういうことができるのもデジタルの魅力。もちろん、データですから何度でも印刷可能です。作品発表の場となる簡易なホームページがつくれる、HTML作成機能も用意しています。



「アップグレード版」は以下の製品をお持ちの方が対象となります。

<対象製品>『水彩6』、『水彩LITE』、『水彩7』をお持ちの方。

※『水彩5』以前の製品、『水彩Macintosh』、『水彩体験版』は対象外となりますのでご注意ください。

『水彩8 活用本付き』 同梱書籍について

「水彩8で描く パソコン絵画教室」
(著:山田みち子、発行:アスキー・メディアワークス、160ページ)

「水彩8」を始めたその日に、素敵な作品が描けます!パソコンで絵を描いてみませんか。本書は「水彩8」対応の解説書です。先生の丁寧な説明により、花、果物、風景、絵手紙などステキな作品が描けるようになります。

  • 製品情報ホーム
  • 水彩パソコン教室
  • プロモーションムービー
  • PDFカタログ
  • 販売ラインアップ
  • 動作環境
  • シリーズラインアップ
関連ニュース