ジャングル

ACDSee Photo Studio Standard 2018

メニューボタン

大量の写真を高速表示で快適に閲覧・管理 ACDSee Photo Studio Standard 2018

  • 機能比較表
  • PDFマニュアル

『ACDSee Photo Sutdio 2018』は高速なプレビュー表示とパワフルなファイル管理機能を搭載した画像管理・編集ソフトです。多彩な管理、検索機能により、大量にストックされたデジタル画像から目的の写真をすぐに見つけることができます。また、トリミングや色調補正などのベーシックな画像補正・調整に加え、50以上の画像効果をワンクリックで反映させる特殊効果フィルタも搭載しています。

写真・表示モード

写真モード-鳥瞰図

画像コレクション全体を日付順にすばやく簡単に表示できます。写真モードではカタログ化された画像が表示され、EXIF情報にある日付順に自動でソートされます。また、EXIF情報に撮影日が含まれていない場合は、更新日時に基づいて表示されます。

PicaView

エクスプローラ上でマウスを右クリックして、手軽に素早く画像を表示させることができます。RAWファイルのプレビュー表示や EXIF情報も確認できるので、アプリケーションを立ち上げずに、画像情報を確認したい時などに便利です。

撮影場所を地図で表示

GPS 機能付きのカメラで撮影された画像は、撮影場所をマップ上で簡単に確認できます。また、ACDSee 上で位置情報を追加することも可能です。地図上の一点を選択し、[逆ジオコード] を選択するだけで、その場所の情報を適切な IPTC フィールドに書き込むことができます。

RAW表示

主要カメラメーカーのすべてのRAWファイルを表示することができます。

オートレンズで特殊効果をプレビュー

実際の特殊効果フィルタを適用する必要なく、クリックするだけで特殊効果をプレビューすることができます。

4Kモニターをサポート

高画素カメラで撮影した画像を高精細のまま表示できるので、細部を確認しながら編集作業がおこなえます。

多彩なファイル対応力

画像ファイルはもちろん、オーディオ、ビデオファイルなど100以上のファイルフォーマットに対応。

管理モード

写真の整理

サムネイル表示されている写真を1つ、もしくは複数を同時に分類設定することで見やすく一覧表示することができます。基本的なEXIF情報からの日付表示やフォルダ表示から、ユーザー設定による分類表示などさまざまな表示で見やすく管理することができます。

写真やビデオを簡単転送 NEW

ACDSee Mobile Sync によって、写真やビデオをスマートフォンからACDSee Photo Studioに直接転送できます。ACDSee Mobile Sync アプリは、iPhone と Android で使用でき、どの写真をすでに送信したかを記憶します。柔軟な選択オプションと設定可能なファイル名やサブフォルダにより、簡単に手早く操作できます。

コレクション分類

コンテンツのグループ化/検索/並べ替え/フィルタリングが行えます。使用カメラ、撮影場所、ファイルサイズなど、指定したキーワードで、特定の写真グループを表示させます。また、「スマートコレクション」を使えば、コレクションへファイル追加の際、関連する他ファイルも自動的に追加します。

Lightroomデータベースのインポートに対応

Adobe Photoshop Lightroomのデータベースをインポートすることができます。ACDSee のコレクションツールで Lightroomのコレクションがそのまま保持され、表示・編集可能な状態に維持されます。

高速検索

メタデータ、日付、キーワード、検索場所など、編集状況で検索条件を作成/保存できます。

複数フィルタリングで写真を管理 カラーラベルの付加

多彩な検索機能

メタデータ、プロパティ、日付、イベント、キーワード、重要度、カラーラベル、GPS情報などで検索が可能で、詳細な検索条件を保存することもできます。キーワードやフレーズを入力、特定のフォルダのみを検索、カメラのファイル情報で絞り込みや、多数の検索方法を用意しています。

クラウド連携

ACDSee上からMicrosoft OneDriveにアクセスし、写真の管理や表示が可能です。OneDriveの画像コレクションをハードディスクの画像コレクションと一緒に表示させたり、ハードディスクのコレクションのみを表示させたり、表示内容を切り替えることができます。

編集モード

明るさを自動調整するライトEQ

ACDSee の特許技術、LCE(ライティング&コントラスト エンハンスメント)画像処理技術を搭載。ライトEQは画像内で光が適切に表示されている領域を変更せずに、画像の暗すぎる、あるいは明るすぎる領域のトーンレベルを自動で調整できます。

豊富な特殊効果フィルタを収録

写真にさまざまな効果を適用できる特殊効果フィルタを50種類以上搭載しています。ワンクリックで画像にユニークな効果を適用できます。新たに8つの特殊効果を追加しました。

【新たに搭載した特殊効果】

チルトシフト効果

実際に撮影した写真をミニチュア風に加工できるチルト効果。レンズの回転、ぼけ頻度、明るさ、彩度などをマウスで調整するだけで簡単におこなえます。

スポイトツール

スポイトツールを利用して、画像から直接色を抜くことができます。自分で描いたシェイプの輪郭や塗りつぶしに、写真内またはアプリ外部から好きな色を取り込めます。

ブラシコントロール

ブラシの感度を巧みに調整できる、感圧設定がおこなえます。画像のエリアごとに筆圧を使い分け、ペン先の幅やフェザリングスライダと組み合わせることで、絶妙なニュアンスを完璧に表現するブラシ使いが実現します。様々な効果にも、このブラシを追加として使用できるようになりました。

ホワイトバランス

画像から不要な色合いを削除して、被写体本来の色を映し出すための設定です。例えば、夕焼けを撮影した写真に赤みがかかっている場合に、赤みを取り除いて本来の色に近づけることができます。

ACDSee Photo Studio Standard 2018

直販ストアへ
  • 製品情報ホーム
  • 機能比較表
  • PDFマニュアル
  • 販売ラインアップ
  • 動作環境
  • シリーズラインアップ
関連ニュース