素材王国 メニューいろいろ









メニューボタン
イラスト
ミニイラスト
かべがみ
アニメGIF
テキスト
ライン
アイコン
セット

 
トップページ >>> 素材王国通信 >>> お菓子王国
素材王国通信

■第3回(2001/9/7)

スチュワーデスさんのクチコミでブレイク!
「唐芋レアケーキ」
フェスティバロ社(鹿児島県・鹿屋市)



「羽田空港で探したけど、全然みつからないよ〜」と、筆者の友人が大泣きしていたのが、今回紹介する「唐芋レアケーキ」。実はこれ、鹿児島産のお菓子なんですが、地元以外では羽田、大阪、福岡、那覇の各空港でしか入手できない激レア限定製品なのです(さすがレアケーキ?!)。しかも、空港毎に種類が違う! う〜ん、お菓子マニア泣かせですね〜!


 この「唐芋レアケーキ」、初めて鹿児島空港の売店にお目見えしたのが1994年12月。やがてスチュワーデスさん達の人気の的となり、そのクチコミで全国に知れ渡ることに。最初の頃は鹿児島以外では買えず、空港の売店にスッチーさんが何人も並んで買うほどだったとか。


 ...という話を聞くと、もう食べずにはいられない! さっそく実際に味わってみましょー! ...がっ、まさか各地の空港に行って買うわけにもいかず、今回は羽田で買える1種類だけでガマンかな...。...がっ、いきなり大逆転ワザ発見! なんと、日本航空系列のJALUXオンラインショップで、「唐芋レアケーキ」全4種類が買えることが判明! なんだ、早く言ってよ!さっそく4種類セットの「唐芋レアケーキ・オンパレード」を注文!


 やがて届いたのはクール便。やはりケーキはナマものですからね〜、と箱を開けてビックリ!なんとガッチリ冷凍されてるじゃないですか! 同封の説明書きによると、「冷蔵庫で5〜6時間でシャーベット状になる」ので「アイスクリームのように召し上がれ」だそうです。さらにこの食べ方は「ヤングの皆様に人気の召し上がり方です」....。ヤングって...。いや、それよりこれってケーキですよねえ。むむむ、シャーベットにしてもイケるとは...、ニクイねえ(えなりかずき風)。もちろん、完全に解凍して普通のケーキのように食べてもオッケー。いやはや、2種類の食べ方が楽しめるとは意外! なかなかポイント高し!


 で、肝心のお味ですが、どれもまろやかでスィート!おイモの自然な甘さが舌の上でとろけます。特に、沖縄限定の「シュリ」は唐芋と紅芋の二層構造で、紅芋独特の上品な甘さがグッド! また、福岡限定の「カプレス」は、焼き生チョコのほのかな苦みがプラスされていて絶品です。当編集部内の20代ヤング(笑)はこれがイチオシだそうです。そして大阪限定の「カモテ」は...、いや、ここまでにしておきましょう。あとは、ご自分で味わってみてください!


 あ〜、書いてたらまた食べたくなってきた! ちなみに、冒頭で友人が探していた羽田空港の売店は、搭乗口7〜8番近くのBLUE SKYです。また、他の空港の売店は、こちらのBLUE SKYのサイトに地図がありますよ。ぜひ、皆さんも一度お試しあれ!

 それから、ここだけの話ですが、なんと他の地域の空港でも限定品を出す計画があるらしい....。いや、この情報は責任持てませんが...。おっと、字数もいっぱいになりましたので、それでは、また次回をお楽しみに!

(おまけ)ところで、このお菓子の製造元「フェスティバロ社」って、なんと社長さんが詩人なんですよ。郷原茂樹さんという方で、小説も書かれていて、河出書房新社や勁草書房など硬派な有名出版社で刊行されているんです。ちょっとビックリでした。
(文責:お)

お菓子ファイル No.003
「唐芋レアケーキ」
製造 有限会社フェスティバロ
お問い合せ 本社
TEL:0994-43-3457
HomePage http://www.festivalo.co.jp/
種別 洋風生菓子
定価 650円(5ヶ入り)、そのほか10ヶ入りや詰め合わせなど、各種あります。
販売店 鹿屋市本店、西鹿児島駅前店など、鹿児島県内に5店。また、羽田、大阪伊丹、関西、福岡、鹿児島各空港のBLUE SKYで各限定品を販売中(BLUE SKY各店舗の場所はこちらでチェック)。オンライン通販も可能です(「JALUX SHOPPING」サイトのトップページで、「唐芋レアケーキ」を検索すると出てきます)

バックナンバー
第3回 唐芋レアケーキ(フェスティバロ社/鹿児島)
第2回 白鷺宝(浦和花見/埼玉)
第1回 ストロベリー・チョコ(六花亭製菓/北海道)



唐芋レアケーキ
(写真1)
上=シュリ(沖縄限定)
左=カプレス(福岡限定)
右=ラブリー(鹿児島&羽田)
カモテ(大阪限定)は秘密!



唐芋レアケーキの箱
(写真2)
各空港で限定販売の4製品
左から、シュリ、カプレス、
ラブリー、カモテ


 
staff@sozaioukoku.com