ジャングル

Nero 2019

メニューボタン

Nero 2019 高機能ライティングソフト。動画編集、変換、再生、管理をまるごとおまかせ。

「Nero」シリーズは20年を超える歴史を持つ、ドイツ発の本格マルチメディアソフト。ライティング・編集・変換・管理・再生など、動画に関するあらゆることに対応します。エフェクト素材を豊富に搭載し、シンプル且つ手軽操作での「エクスプレス編集」や、無限タイムラインを使ったこだわりの「拡張編集」の両方に対応。動画変換は4K/FullHDの出力に最適な「H.265/HEVC」の入力が可能。新機能としてライブガイドも搭載し、今までよりもさらに便利に進化しました。

ラインナップ

  • 「Nero Platinum」「Nero Platinum」
  • 「Nero Standard」「Nero Standard」
  • 「Nero Video」「Nero Video」
  • 「Nero BurnExpress」「Nero BurnExpress」
  • 「Nero Burning ROM」「Nero Burning ROM」

機能比較表

動画編集 ライティング 動画変換 再生・管理

製品の特長

ライティング 長期保存や機密保持に強いディスク作成 Nero Burning ROM / Nero BurnExpress

機能搭載製品

  • 「Nero Platinum」「Nero Platinum」
  • 「Nero Standard」「Nero Standard」
  • 「Nero BurnExpress」「Nero BurnExpress」
  • 「Nero Burning ROM」「Nero Burning ROM」

シンプルで使いやすいインターフェース

メニューから「データ」、「ミュージック」、「ビデオ」、「イメージ」を選択し、該当するファイルを追加するだけでディスクライティングできます。

・データディスク作成 ・ビデオディスク作成 ・ミュージックディスク作成 ・イメージファイルの作成 ・ディスクカバー&レーベル作成

データディスク作成 ビデオディスク作成
ミュージックディスク作成 イメージファイルの作成
ディスクカバー&レーベル作成

独自のデータ保護技術「SecurDisc4.0」を搭載

SecurDisc™ つの機能
データの二重保護

パスワード保護とドライブによるパスワード認証でユーザーのデータをしっかり保護。

すべてのデータにデジタル署名を適用

安心のデジタル署名を適用し、信頼性を検証することが可能。

ディスク上にチェックサムを保存

データ整合性および読み取り可能性を検証することが可能。

データの信頼性を最大限に

冗長ストレージおよび障害データ管理システムによる最大限の信頼性。

専用のハードウェアは不要

特別な機器を用意する必要はありません

AES-256bit の暗号化ライティングに対応

現行の暗号化技術では最高レベル AES-256bitに対応し、データ保護がより強化されます。

最大 32 ドライブまで平行してライティング可能 ※「Nero BurnExpress 2019」非対応

物理ドライブがあれば、最大32台のライティングドライブで並列ライティングが可能。

オートランディスクの作成 ※「Nero BurnExpress 2019」非対応

作成したディスクをパソコンのドライブに挿入すると、アイコンが割り当てられたファイルを自動的に実行させる [オートランディスク] の作成も可能。わざわざメディアのデータにアクセスする手間が省けるため、作業効率を高められます。

様々なディスクコピーに対応

BDXLを含む Blu-rayディスク / DVD / CD のライティングに対応しています。また、「ISOイメージファイルを各種ディスクへライティング」または「各種ディスクからISOイメージファイルへファイル出力」に対応し、目的にあったデータの保存が可能です。

ドライブの自動認識&アップデート

新型ドライブにも即座に対応。国内最高クラスのドライブ対応数です。

音楽 CD を作成

音楽CDをまるごとコピーしたり、複数の音楽CDやファイルからプレイリストを作成して、自分だけのオリジナルCDを作成できます。

CDのリッピング 音量の自動調整(ノーマライズ) ノイズ自動検出・除去
楽曲情報・アルバムアートの自動取得Gracenote対応

対応ファイル:MP3 / WAVE / FLAC / WMA / AC3 など

スマホやタブレットからディスクライティング

スマホ用アプリ「Nero AirBurn」を利用すれば、スマートフォンやタブレット内のコンテンツを、ネットワーク経由でディスクへ書き込めます。

動画編集 充実機能で簡単にできる動画編集 Nero Video

機能搭載製品

  • 「Nero Platinum」「Nero Platinum」
  • 「Nero Standard」「Nero Standard」
  • 「Nero Video」「Nero Video」

初心者にもわかりやすい「エクスプレス編集」

ささっと編集したい方は「エクスプレス編集モード」が最適です。シーン単位の編集がおこなえ、エフェクトの追加やテキスト入力もシンプルです。また、「エクスプレス編集モード」から「拡張編集モード」へワンクリックで切り替え可能です。初めに、大枠の構成・編集を「エクスプレス編集モード」で編集し、細かい仕上げを「拡張編集モード」で仕上げるという使い方もお勧めです。

エクスプレス編集モード

一歩踏み込んだ動画編集「拡張編集モード」

拡張編集モードに切り替えると「マルチトラック」、「タイムライン」で編集作業がおこなえます。ビデオ / オーディオエフェクト(演出)、キーフレームエフェクト(時間とともにエフェクトを可変)、ピクチャ・イン・ピクチャ(画面内に別画面を追加)など、複雑なエフェクトやテンプレートを利用して、一歩踏み込んだ動画編集がおこなえます。

拡張編集モード

2ステップで完成「テーマ編集」

お好みのテーマを選択し、文字を入力するだけで作品が完成!さらにオープニング / エンディングロール、BGMを追加すれば完璧なオリジナル作品を作ることができます。

テーマ編集

スマホで撮影した動画の編集に対応 ※「Nero Standard 2019」非対応

縦長ビデオ編集に最適なメニューテンプレートを用意。編集後はスマホに出力して再生できます。さらに、従来の4:3、16:9サイズ動画に、縦長動画を組み合わせてビデオ編集が可能。

縦向きビデオ編集

数多くの入力フォーマットに対応

●デジタルビデオカメラ ●ハイビジョンカメラ ●4Kビデオカメラ ●デジタル一眼レフカメラ ●コンパクトデジタルカメラ ●BD/DVDディスク ●スマートフォンの動画/画像ファイル

充実のエフェクト / 素材を多数収録

動画編集に欠かせないエフェクト / 素材を多数収録。ドラッグ&ドロップ操作で印象的な作品に仕上げます。

項目PlatinumStandardVideo
ビデオ エフェクト/トランジション(場面転換)362点244点362点
イメージ/オーディオ 素材300点194点291点
ピクチャ・イン・ピクチャ エフェクト105点24点105点
ディスクメニュー141点76点123点
テーマ編集(自動編集)112点18点83点
エフェクト トランジション

マルチトラック編集にも対応

映像と音声マルチトラック(複数ロール同時)編集※に対応。1映像に複数の動画 / 静止画を挿入、クロマキー合成(2つの映像を重ね合わせる)にも対応。
※映像/音声共に、最大99トラックまで編集可能

マルチ画面表示 クロマキー

タイトル・テロップ作成

冒頭のオープニングタイトル、テレビなどでおなじみのテロップを簡単に挿入できます。文字の大きさ / 位置も自由に配置可能。さらに、作品の冒頭 / 最後に流す文字ロール(オープニング / エンディングロール)も作成できます。

メニュー作成

市販の映画ディスクのようなメニューを簡単に作成できます。ディスクに収録した映像や、チャプター表示の選択、メニュー背景の画像や音楽の設定が可能です。

ナレーションの録音

映像を確認しながらパソコンのマイクを使ってナレーションを吹き込めます。

4K動画編集に対応 ※「Nero Standard 2019」非対応

4K動画

フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K動画の取り込み(入力)、編集、出力に対応。
新たに自動編集のテーマ素材も4K動画に対応。

デュアルモニタ編集に対応

デュアルモニタ環境であれば、編集の際に簡単に2画面編集モードに設定することができます。またその際のプレビューは最高でフルHD画質で表示することが可能です。

様々なフォーマットに出力対応 ※4K出力は「Nero Standard 2019」非対応

高画質で出力(4K動画HD/フルHD対応)、スマートフォン・タブレット用に保存、ブルーレイ・DVDに保存、YouTubeで公開

対応ファイル:AVCHD / AVC / MP4 / MPEG2 / MPEG1 / FlashVideo / AVI / WMV など

便利な編集機能

フォトムービー作成機能 手ぶれ補正機能 シーン検出 パン&ズーム BGM追加 映像補正

動画変換 さまざまなフォーマットへ自由自在に変換 Nero Recode

機能搭載製品

  • 「Nero Platinum」「Nero Platinum」
  • 「Nero Standard」「Nero Standard」

スマホやタブレット用の動画に変換

お手持ちの動画ファイルをiPhone / iPad / Androidスマートフォンのデバイス機器、PS4などのゲーム機に対応したファイル形式に変換できます。

iPad® / iPhone® / iPod® / Xbox One™ /PS4™ / PSP® / PS Vita™ /
Android™ スマートフォン / Android™ タブレット など

ディスクからモバイルデバイスにダイレクト転送「Nero Disc To Device」

ワンクリックでディスクのコンテンツをリッピングし、お使いのモバイル端末で再生できる形式に変換して転送します。

Blu-rayディスクムービーのリッピング ※「Nero Standard 2019」非対応

Blu-rayディスクから動画を取り出し、目的の動画に変換できます。
※技術的保護手段が付加されていないディスクのみ

H.265/HEVCファイル入力対応
※「Nero Standard 2019」非対応

次世代圧縮技術として話題のHEVCの入力・編集が可能です。

AVCHDファイルをエクスポート
 

AVCHD動画を取り込み、映像を劣化させることなくBlu-rayディスクなどへ保存できます。

高速動画変換

AVCエンコーディング用技術で高速に動画変換がおこなえます。
※対応したグラフィックカードが必要。

動画ファイルから音声を抽出

動画ファイルから音声のみをMP3で抽出できます。

再生・管理 デジタルコンテンツをまるごと管理 Nero MediaHome / Nero BackItUp

機能搭載製品

  • 「Nero Platinum」「Nero Platinum」
  • 「Nero Standard」「Nero Standard」

快適な動画再生

動画再生時にかかるCPUへの負荷をグラフィックボードに処理させるGPGPU技術により、快適な動画再生を実現。

専用アプリでホームネットワーク再生

iOS/Android用のアプリ [Nero Streaming Player App] を利用して、ホームネットワーク経由でPC上のコンテンツをスマホやタブレットで再生できます。

顔認識機能で検索

写真に写る顔を自動検出して人物ごとに分類。検出された顔にタグをつけて管理することもできます。

重複した画像だけでなく類似した画像も検出「Nero DuplicateManager」
※「Nero Standard 2019」非対応

指定フォルダ・ドライブから重複・類似画像を見つけます。HDDの容量制限、ライブラリの整理などに最適です。

大切なデータを簡単データバックアップ「Nero BackItUp 2019」
※「Nero Standard 2019」非対応

毎日/毎週/毎月など実行日時を設定して定期的に大切なデータをバックアップできます。自動バックアップにも対応。

世界のWebラジオを再生 「Music Recorder」 ※「Nero Standard 2019」非対応

世界中のWebラジオを聴取可能。海外のWebラジオから「日本未公開の曲を検索」、「スポーツ中継をチェック」、「トーク番組で語学学習」など様々な用途に使えます。

Nero KnowHow PLUS and Live Guide 【NEW】

ライブガイドは、現在起動しているアプリのヘルプを提供します。「FAQ」「操作マニュアル」「チュートリアル」から直感的に必要な情報にたどり着けます。

Nero 2019 シリーズ

直販ストアへ
直販ストアへ
本製品のサポートページ
  • 製品情報ホーム
  • 機能比較表
  • 動作環境