Nero Video 2018

メニューボタン

4K動画の編集をサポート!2ステップで完成する「自動編集モード」搭載。 Nero Video 2018

機能比較表

製品の特長

ささっと編集した方は「エクスプレス編集モード」が最適です。シーン単位の編集がおこなえ、エフェクトの追加やテキスト入力もシンプルです。また、「エクスプレス編集モード」から「拡張編集モード」へワンクリックで切り替え可能です。最初に、ささっと大枠の構成・編集を「エクスプレス編集モード」で編集し、細かい仕上げを「拡張編集モード」で仕上げるという使い方もお勧めです。もちろん 4K 動画の取り込み(入力)、編集、出力にも対応。高精細で、より美しい映像作品が作れます。

エクスプレス編集モード

一歩踏み込んだ動画編集「拡張編集モード」

拡張編集モードに切り替えると「マルチトラック」、「タイムライン」で編集作業がおこなえます。ビデオ / オーディオエフェクト(演出)、キーフレームエフェクト(時間とともにエフェクトを可変)、ピクチャ・イン・ピクチャ(画面内に別画面を追加)など、複雑なエフェクトやテンプレートを利用して、一歩踏み込んだ動画編集がおこなえます。

拡張編集モード

2ステップで完成「テーマ編集」

お好みのテーマを選択し、文字を入力するだけで作品が完成!さらにオープニング / エンディングロール、BGMを追加すれば完璧なオリジナル作品を作ることができます。

数多くの入力フォーマットに対応

●デジタルビデオカメラ ●ハイビジョンカメラ ●4Kビデオカメラ ●デジタル一眼レフカメラ ●コンパクトデジタルカメラ ●BD/DVDディスク ●スマートフォンの動画/画像ファイル

充実のエフェクト / 素材を多数収録

動画編集に欠かせないエフェクト / 素材を多数収録。ドラッグ&ドロップ操作で印象的な作品に仕上げます。

ビデオ エフェクト/トランジション(場面転換)362点
イメージ/オーディオ 素材289点
ピクチャ・イン・ピクチャ エフェクト105点
ディスクメニュー120点
テーマ編集(自動編集)80点
エフェクト トランジション

マルチトラック編集にも対応

映像と音声マルチトラック(複数ロール同時)編集※に対応。1映像に複数の動画 / 静止画を挿入、クロマキー合成(2つの映像を重ね合わせる)にも対応。
※映像/音声共に、最大99トラックまで編集可能

マルチ画面表示 クロマキー

タイトル・テロップ作成

冒頭のオープニングタイトル、テレビなどでおなじみのテロップを簡単に挿入できます。文字の大きさ / 位置も自由に配置可能。さらに、作品の冒頭 / 最後に流す文字ロール(オープニング / エンディングロール)も作成できます。

メニュー作成

市販の映画ディスクのようなメニューを簡単に作成できます。ディスクに収録した映像や、チャプター表示の選択、メニュー背景の画像や音楽の設定が可能です。

ナレーションの録音

映像を確認しながらパソコンのマイクを使ってナレーションを吹き込めます。

4K動画編集に対応

フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K動画の取り込み(入力)、編集、出力に対応。
新たに自動編集のテーマ素材も4K動画に対応。

スマホ動画用の編集モード「縦向きビデオ編集」 NEW

スマホで撮った縦向き動画を編集できます。
縦向き動画用のテーマも豊富に収録。編集後はスマホに出力して再生できます。

手ぶれ補正

撮影時に手ぶれしてしまった動画も、補正機能により手ぶれを軽減して見やすくすることができます。

リズムにあわせて写真が切り替わるスライドショーを自動作成

「Nero Rhythm Snap」を音楽トラックに適用すると、音楽の抑揚を分析してマークを作成。あとは写真を追加するだけで、マークに合わせて写真が切り替わるスライドショーが簡単に作成できます。

ビデオやスライドショーのBGM作成も可能

「Nero Seamless Music」を音楽トラックとして適用すると、ビデオやスライドショーの長さに合わせて自動的に音楽の構成を変更。とぎれのない BGM を、簡単につけることができます。

オーサリング中にディスクフォーマット切り替えが可能

制作したビデオを単に Blu-ray や DVD に書き出すだけでなく、テンプレートを使って映画作品のビデオディスクのように収録タイトルやチャプターを表示するメニュー画面がかんたんに作成できます。
さらに、作業中に目的のディスクフォーマットに変更することも可能。新しくプロジェクトを作成し直す必要がないので便利です。

デュアルモニタ編集に対応

デュアルモニタ環境であれば、編集の際に簡単に2画面編集モードに設定することができます。またその際のプレビューは最高でフルHD画質で表示することが可能です。

フォトムービー作成機能

デジカメ写真から手軽にフォトムービーが作成できるだけでなく、豊富なエフェクトやトランジションで、こだわりの編集をおこなったフォトムービーの制作も可能です。

様々なフォーマットに出力対応

高画質で出力(4K動画HD/フルHD対応)、スマートフォン・タブレット用に保存、ブルーレイ・DVDに保存、YouTubeで公開 ●対応ファイル/AVCHD/AVC/MP4/MPEG2/MPEG1/FlashVideo/AVI/WMVなど

便利な編集機能

●シーン検出 ●パン&ズーム ●BGM追加 ●映像補正

再生・管理 デジタルコンテンツをまるごと管理 Nero MediaHome / Nero BackItUp

快適な動画再生

動画再生時にかかるCPUへの負荷をグラフィックボードに処理させるGPGPU技術により、快適な動画再生を実現。

専用アプリでホームネットワーク再生

iOS/Android用のアプリ [Nero Streaming Player App] を利用して、ホームネットワーク経由でPC上のコンテンツをスマホやタブレットで再生できます。

顔認識機能で検索

写真に写る顔を自動検出して人物ごとに分類。検出された顔にタグをつけて管理することもできます。

Nero Video 2018

直販ストアへ
  • 製品情報ホーム
  • 機能比較表
  • 販売ラインアップ
  • 動作環境
  • シリーズラインアップ
関連ニュース