ジャングル

G DATA モバイルインターネットセキュリティ

【 BOXパッケージ版の名称は「G Data モバイルセキュリティ2」となります 】

製品の特長

『G DATA モバイルインターネットセキュリティ』は、Android端末に必要とされる保護機能を 1つのアプリでカバーするオールインワン・セキュリティーアプリ。

高検出率を誇るウイルス / 有害アプリ対策のほか、ネット閲覧中の脅威への対策、プライバシー対策、盗難 / 紛失対策も含まれています。
盗難紛失時には、遠隔操作で端末の位置情報の取得やデータ消去はもちろん、2015年版では従来からの [リモートロック] による端末の操作制御に加え、[リモートロック パスワード変更] も可能。
また、盗んだり紛失した端末を拾得して海外へ通話するなどの不正利用ができないように、電話をミュート設定にする機能も追加されました。
これらにより、第三者による端末の不正利用被害対策も万全です。
フィッシング詐欺 / ネット閲覧対策 には、クラウドスキャナを組み込み、最新の脅威からも端末をしっかり保護するだけでなく、フィッシング詐欺サイトや有害コードを含むサイトを世界最高レベルで検出します。

さらに、Wi-Fi スポットのなりすましによる通信傍受を未然に防ぐことを可能にした Wi-Fi 保護対策も新たに搭載し、さまざまな脅威から Android 端末と大切な情報を守ります。

主な機能

Wi-Fi 保護対策

接続先のルーターの ARP テーブルを監視することで、Wi-Fi スポットのなりすましによる通信傍受 (ARP スプーフィングや ARP ポイズニングと呼ばれる手法) を未然に防止。
例えば外出先で、カフェの Wi-Fi スポットに接続したのに、実際は別のスポット経由でインターネットに接続されてしまう、というより高度な手法に対しての保護が可能です。

パニックボタン機能

身に危険が降りかかった際などの緊急時に、ボタン操作一つで指定した連絡先に電話したり、SMS やメール経由で位置情報を自動送信できます。
海外では、ワンボタンで警察に連絡と位置情報を伝えるアプリなどもありますが、同じようにユーザーが設定した電話連絡先、SMS、メールアドレスに位置情報を連絡可能です。

ウイルス対策

クラウド技術を利用した [Advanced Scan] を搭載。常に最新のウイルス情報を保ち、世界最高水準の検出を実現しています。自動スキャンやスケジュールスキャンで端末に潜むウイルスやマルウェア、不正アプリを検出 / 駆除できます。

ネット閲覧中の保護

フィッシング詐欺サイトや有害コードを含むサイトをブロック。
クラウドデータベースへの接続で、常に最新の脅威に対する保護も万全です。


不正・有害アプリからの保護

電話・SMS・インターネットへのアクセス・アドレス帳・位置情報・ログファイルなどの個人情報にアクセスできるアプリを一覧管理でき、取得元が不明なアプリや自分でインストールした憶えがないアプリなどをアンインストールできます。

アプリのパスワード保護

任意のアプリに対しパスワードの設定ができ、第三者によるアプリ操作を制限します。重要なメールデータを閲覧されたり端末所有者が望まないアプリを購入されるなどの不正行為を防止できます。

盗難対策

GPS 機能を利用し紛失した端末の位置を特定することや、遠隔操作で端末のロック / 初期化を行ったり、端末から警告音を発信させることが可能。
さらにバッテリー残量が少なくなると指定アドレスに位置情報をメールする設定や、電話をミュート状態にして使用できなくするなど、盗難時の不正利用を防止できます。

SIM 交換の防御

SIM カードが交換されると端末操作をロックする設定が可能。
SIM カードが交換されてしまった場合には、SMS 経由で登録先の電話番号に通知を送信することもでき、紛失時に端末を悪用されることを防ぎます。

電話 / SMS フィルタ

迷惑電話や SMS のスパムをリストに登録して遮断できます。2015年版ではワイルドカードを利用し、特定の番号から始まる電話番号もまとめてブロックできるようになりました。

連絡先プライバシー保護

連絡先をパスワードロックして非表示設定にすることで、第三者による連絡先の不正利用を未然に回避できます。


  • 製品情報ホーム
  • 販売ラインアップ
  • 動作環境
  • シリーズラインアップ
関連ニュース